エドハーディーのキャップ4 − Speedy

スポンサードリンク
チェッカーフラッグに代表されるブラック&ホワイトチェックのキャップとマフラーを纏った骸骨が、ヘッドライトを煌々と照らす赤いバイクで疾走。バイクのタンクには不吉な数字とされる”13”の数字が・・・、といったデザインをあしらったのが”Speedy”。

日本では、もともと”13”という数字を忌む風習はありませんが、キリスト教では、最後の晩餐に13人の人がいたとされていることや、北欧神話でも、神の酒宴の招かれざる13人目の客が他の客を殺したとされていることがあるため、英語圏を中心に不吉な数字となっているようです。

ところがこのキャップは、骸骨やバイクの表現がファニーでおどろおどろしさといったものは全くなく、反対にどこかユーモラスな雰囲気を持っていて、他のエドハーディーのキャップのデザインと比較しても、コミカルイメージの強いのが特徴となっています。

設定されているのはベーシックシリーズのみで、つばの”Ed Hardy by Christian Audigier”の刺繍、つばと額部分、それ以外の部分のカラーパターンは、赤-白-黒、白-黒-白の2種類が用意されていますが、この内、白-黒-白のものは日本限定品。

「他キャップのデザインは、ちょっとアクが強い」と感じている人には、エドハーディーの入門用として手頃なデザインということができるかもしれません。もちろん、他のキャップを既に持っている人にも一味違ったエドハーディーとしておすすめです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。